FI / SE / EN / 日本 / 汉语

    • Fiskars Village

    フィンランドの熟練の技が生み出す多数の作品を展示

    フィスカルス村は、フィンランドの優れた手工芸品やアート作品が制作され、展示されている村として大変有名です。100人を超えるプロのアーティストがこの村で暮らし、制作活動を行っています。彼らはONOMAと呼ばれる独自の協同組織を作り、20年以上前から国内外のアーティストのすばらしい作品を紹介しています。。

    風景に魅了される

    歴史を感じさせる建物、渓流と谷が作り出すフィスカルス村ならではの景色が広がっていま す。村内には複数の重要な歴史的建造物や名所があり、中でもLarsSonckとC. L. Engelは特 に有名です。

    フィスカルス村は大小さまざまな樹木の茂る山間にあり、村の中の湖はまさに手つかずの美 しさに輝いています。ハイキングや釣りに最適で、野生のベリー類やきのこも採れます 。Tree Species Path(木立の散歩道)やFiskars Nature Trail(フィスカルス自然遊歩道)を歩けば 、フィンランドの自然を手軽に思う存分味わえます。フィスカルス村とその周辺での観光ア クティビティについては、信頼できる業者がさまざまなプログラムを用意しています。

    手工芸品の宝庫

    フィスカルス村の最大の魅力は、なんといっても村内に点在する工芸品のショップです。有名ブランドからユニークなデザイナー作品まで、多種多様な工芸品が販売されています。メインストリートには、宝石アクセサリー、家具、チョコレート、布製品のショップが並び、少し登れば、地元の醸造所のビールを試飲したり、手作りのナイフや革製品、ストローアートのお店をのぞいたりできます。五感に訴える品物が見つかり、質の良いショップがたくさんあることがフィスカルス村の自慢です。


    ワークショップに参加して、工芸品作りに挑戦することもできます。職人たちの日常を垣間見ながら、プロの指導のもとで正真正銘の一品を自分の手で作りましょう。ガラス吹きや鍛造などのワークショップが用意されています。ショップや各種サービスの夏季営業時間は、通常、毎日午前11時~午後5時です。

    食事と宿泊

    フィスカルス村にはグルメを引きつける季節の食べ物がいっぱいです。年間を通じて営業す る高級レストランやおしゃれなカフェを訪れれば、豊かな自然の景色と地元のおいしい料理 を堪能できます。

    フィスカルス村には訪れた人がぐっすり休める上質の宿があります。フィスカルス・ヴァルツフスは現在も使われているフィンランドで最も古いホテルです。客室数15ながらも、このホテルの快適さ、質の高いサービス、落ち着いた雰囲気は特に有名です。

    フィスカルスフォーラム カンファレンス センター近くにあるホテル テーゲルは、古い鍛造 工場を改造して作られた居心地のよいホテルです。地元の工芸品がインテリアに活かされ、 客室におしゃれな雰囲気が漂います。客室数はわずか13。心と体を休めるにはぴったりの 宿です。

    ツーリスト情報

    地址: Peltorivi 6

    夏季ツーリスト情報案内所がフィスカルス村の広場に設けられます。2015年5月15日~9月20日の毎日、午前11時~午後5時にオープンします。案内所では、フィスカルス村と近辺の各種業者の情報を得ることができます。

    お子様づれのご家族向けにはキックバイクのレンタルがあります。フィスカルス村の地図は村内各地で配布しています。

    場所と交通

    フィスカルスは、ヘルシンキの約100キロメートル西にあるKarisのPohja地区西のRaseborgにあります。

    Karisへの電車アクセス: www.vr.fi

    バス運行スケジュール: www.matkahuolto.fi


    6月6日~8月15日の毎週土曜日に、Friman Matkat社の直行バスがヘルシンキとフィスカルス を往復します(6月20日を除く)。

    バスはヘルシンキのKiasmaを午前10時30分に出発し、フィスカルスを午後4時に出発します。往復料金:大人35ユーロ、学生と高齢者25ユーロ、子ども(4~7才)17.5ユーロ

    詳細情報: www.frimanmatkat.fi

    おいしい食事

    レストランKUPARIPAJA

    手作りの料理

    古い銅鍛冶小屋を再利用したレストランKuparipajaは、歴史を感じさせる建物に現代的なスタイルが溶け込んだ、まさにフィスカルス村のシンボルです。このレストランの料理には見た目にも味にも四季が感られます。

    フィスカルス ヴァルツフス

    1836年創業のフィスカルス ヴァルツフスは友人や家族と集い、楽しい宴の夜を過ごすには うってつけのお店です。年間を通じて営業します。仕事の仲間やご家族と、あるいは、おひ とりでぜひお越しください。

    季節の特別料理と地元の食材を使った料理を提供し、多国籍の感覚でおもてなしします。ビ ンテージから新しいタイプまで、ワインの品揃えが豊富です。スカンジナビアの雰囲気と最 高級の料理をぜひお楽しみください。ご家族や仕事の仲間と心に残る時間をお過ごしいただ けます。フィスカルス ヴァルツフスまではヘルシンキから車で約1時間です。上品なしつら えの客室(ダブル)が15室あり、宿泊もできます。

    フィスカルス村の歴史

    Peter Thorwöste氏がFiskars Ironworksを創業したのは1649年。スウェーデンのクリスティー ナ女王がこのオランダ人の事業家に、大砲を除く鋳鉄品と鍛造品を製造することを許可しま した。17世紀後半になると鋳鉄と鍛造の技術が目覚ましく進歩し、地理的に便利なフィス カルスにたくさんの鍛造工場が建設され、製品が海外に輸出されて事業が拡大していきまし た。その間、スウェーデン、ドイツ、オランダから多数の鍛冶職人が移住しています。しか し18世紀になると、数年にわたる飢饉と「大いなる怒り」と呼ばれた10年間のロシアによ るフィンランド占領がフィスカルスにも影響を及ぼしました。フィスカルスの鍛造工場の所 有者が変わり、事業規模が大きくなりました。19世紀に入るとフィスカルスは転機を迎え ます。最初期のFiskars Ltdが設立され、Johan von Julin氏と彼の側近である幹部チームの下で 戦略的な経営が始まりました。


    同社は20世紀初めの不況を林業と農業を軸にして乗り越え、他社の買収と投資を積極的に行って、1930年代の終わりには財務状態を好転させました。しかし第二次大戦の勃発がフィンランド経済の発展に終止符を打ちました。



    フィスカルス グループ

    フィスカルス社はフィスカルス村で365年前に創業し、数世紀にわたる手工芸の伝統を誇り とする国際的な企業に成長しました。フィスカルス村は、国際グループ企業であるフィスカ ルス グループの一員です。詳細情報: www.fiskarsgroup.com

    フィスカルスでの体験

    フィスカルス村は、フィンランドのアートとデザインの中心です。歴史的な建造物に囲まれた独特の環境で、あらゆる年齢の人がさまざまなアクティビティを楽しめます。

    初めての工芸にチャレンジして、職人の仕事に触れるのもよいでしょう。少人数で工房を訪問して、自分でオブジェクトを制作するのもよいでしょう。鍛造とガラス吹きの工房は隣り合って建っています。

    フィスカルス村の豊かな自然、森、湖は、個人やグループが1年を通してバライエティ豊かなアクティビティを満喫できる最高の環境です。広い湖をカヌーで進んだり、ガイド付きの釣りツアーに出かけたり、スノーシューを履いて雪原を散歩したりなど、楽しみ方はさまざまです。

    子ども向けアクティビティ

    フィスカルス村には子ども向けのアクティビティやおいしいもの、楽しい体験があふれています。屋外の遊び場、古い汽車、総菜店、工房は彼らのお気に入りの場所になるでしょう。家族でフィスカルス村を訪れるなら夏が一番です。歴史の探索にわくわくし、自然の懐から元気をもらい、数十年前の田舎の休日のような体験をすれば、フィスカルス村での休暇は家族全員にとってすばらしい時間になるでしょう。